全国遺伝子医療部門連絡会議

新着情報


2015.12.25
「遺伝子関連検査等の実施状況に関するアンケート調査」の実施について


このたび、厚生労働省大臣官房厚生科学課からの依頼を受けて、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(業務委託先:株式会社三菱総合研究所)が「遺伝子関連検査等の実施状況に関するアンケート調査」を実施するとの連絡がありました。
調査を通じて国内における遺伝子関連検査等の実態や課題を把握することを目的としています。
この調査票は全国の特定機能病院、がん診療連携拠点病院、また一部の地域医療支援病院(標本調査のため)等を対象に12月24日(木)から各病院の病院長宛に郵送が始まっています。

各対象病院は、部署・診療科ごとに郵送された調査票への回答をすることになっています。
回答締切は2016年1月12日(火)となっており大変期限が近いですが、皆様の病院に調査票が届いた際には、回答へのご協力をお願いいたします。
ご参考まで、各対象病院に郵送されている調査票はこちらからご覧いただけます。

最終的には各部署・診療科で回答されたものを病院でまとめ、調査票に同封されている返信用封筒にて返送することになっています。

ご回答方法、問い合わせ先は調査票表紙に記載されているので、適宜ご参照ください。

※1 地域医療支援病院につきましては一部のみが調査対象となっていますので、
郵送にて紙面のアンケート調査票が届いた機関のみご回答をお願いしますとのことです。
※2 本調査は衛生検査所、診療所も対象となっていますが、病院向けの調査票と衛生検査所や診療所の調査票は内容が異なっているのでご注意くださいとのことです。


2015.1.21
NGSDプロジェクトにおける専攻医の募集期間の延長について


11月22日(土)の第12回連絡会議で紹介した下記プロジェクト<http://www.ngsd-project.jp>で養成する専攻医の募集についてご連絡申し上げます.

文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム 「難病克服! 次世代スーパードクターの育成 ー ゲノム時代の難治性疾患マネジメントを担うオールラウンド臨床遺伝専門医の育成と全国遺伝子医療部門連絡会議を介した全国展開 ー」(通称:NGSDプロジェクト)

以下の大学について、募集期間を延期しますので,興味のある方にお知らせいただきたくご依頼申し上げます.
[募集期間:2014年12月22日(月)〜2015年2月28日(土),募集の詳細についてはHP<http://www.ngsd-project.jp/application/>をご覧下さい]

札幌医科大学
京都大学
鳥取大学

NGSD プロジェクト
事業統括 福嶋義光(信州大学)


2014.12.26
2015年1月1日よりお問い合せの事務局連絡先が変更になります。

2014.12.25
文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラムのご案内が届きました。


文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム「難病克服! 次世代スーパードクターの育成 ー ゲノム時代の難治性疾患マネジメントを担うオールラウンド臨床遺伝専門医の育成と全国遺伝子医療部門連絡会議を介した全国展開 ー」(通称:NGSDプロジェクト)が公開されました。
また,このプログラムで養成する専攻医の募集が開始されましたので,興味のある方にお知らせいただきたくご依頼申し上げます. [募集期間:2014年12月22日(月)〜2015年1月13日(火),募集の詳細についてはHPをご覧下さい]

NGSD プロジェクト
事業統括 福嶋義光(信州大学)


2014.8.12
「第12回全国遺伝子医療部門連絡会議」参加登録はこちら


維持機関会員へのご案内(Wordファイル)
個人へのご案内(Wordファイル)
2014.7.15
第11回 全国遺伝子医療部門連絡会議報告書を掲載しました。


ダウンロードはこちらから(PDFファイル)
2014.1.29
e-learning配信中止のお知らせ


文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム「難病克服! 次世代スーパードクターの育成 ー ゲノム時代の難治性疾患マネジメントを担うオールラウンド臨床遺伝専門医の育成と全国遺伝子医療部門連絡会議を介した全国展開 ー」(通称:NGSDプロジェクト)が公開されました。 また,このプログラムで養成する専攻医の募集が開始されましたので,興味のある方にお知らせいただきたくご依頼申し上げます.[募集期間:2014年12月22日(月)〜2015年1月13日(火),募集の詳細についてはHP<http://www.ngsd-project.jp/application/>をご覧下さい]
今後,下記の対応により,遺伝医学系統講義の普及を図っていきたいと考えております.ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます.

全国遺伝子医療部門連絡会議のHPに「遺伝医学系統講義」のボタンを設け,クリックすると次のアナウンスが現れるようにします.

・ 「遺伝医学系統講義 e-learning」の動画配信は2014年1月31日で終了しました.
・ 「遺伝医学系統講義 e-learning」の内容を基礎にした書籍が発行されています.
「遺伝医学やさしい系統講義 18講」(監修:福嶋義光,編集:日本人類遺伝学会第55回大会事務局)メディカル・サイエンス・インターナショナル 定価 4,725円
・ 「遺伝医学系統講義 e-learning」を動画でご覧になりたい方は,DVDを貸し出します.事務局にお申し込み下さい

e-learning配信中止のお知らせ (Wordファイル)
2013.11.19
「第11回全国遺伝子医療部門連絡会議」のプログラムを更新しました。


ダウンロードはこちらから(Wordファイル)
2013.10.1
平成25年11月30日・12月1日に開催されます「第1回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー」のご案内が届きました。


詳細はこちらから
申込はこちらから
2013.7.20
「第11回全国遺伝子医療部門連絡会議」参加登録はこちら


・維持機関会員への案内
・非維持機関会員への案内
・個人への案内
2013.6.3
第10回 全国遺伝子医療部門連絡会議報告書を掲載しました。


ダウンロードはこちらから(PDFファイル)
2013.4.22
「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」を公表しました.必ずご一読ください。


2013年1月,日本医学会,全国遺伝子医療部門連絡会議,日本人類遺伝学会,日本遺伝カウンセリング学会は,「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」を公表しました.このモデルカリキュラムは,全国医学部長病院長会議を通じて,国内全ての医学部に届けられるとともに,文部科学省高等教育局医学教育課,厚生労働省医政局,社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構にも届けられています.

「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」 (PDFファイル)
2013.3.19
厚生労働省より「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」の指針および共同声明について通達がありました。
お読みください。


「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」の指針等について(PDF)
「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」(PDF)
「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」についての共同声明(PDF)